LINK
JC HAWAII OFFICIAL SITE

   

Instagram



Home > ■ GROVELER
FLYING FISH TRD
THUG BURGER ENABLER
T-RX

GROVELER


*Grovelerとは? 理想的とは程遠いスモールコンディションでもガンガンいってしまうラリー車のようなボードのことをグラヴォラーと言う。フラッ トなセクションを軽く乗り越え、ごく僅かなランプでも見逃さずローンチしてしまう元気なボードです。小波、オンショア、非力な波でも極太のラインを描く、 スモールコンディションにおける救世主となるでしょう。


■ FLYING FISH


FLYING FISHってこんなボードです



ビギナーなら

JCサーフボードのなかでもっとも浮力があり、ビギナー向けのボードがフライングフィッシュです。ウルトラワイドなノーズ、フラットデッキにフルレールと、ボリュームを最大限にする要素が集まったフライングフィッシュ。必然的にビギナーフレンドリーなボードに仕上がってます。サーフィンの基本はパドリングです。パドリングができなかったら上達は望めません。そんなパドリングをヘルプしてくれるのがサーフボードのボリューム。ボリューム=浮力だと思ってください。浮力のあるフライングフィッシュならビギナーのあなたでもパドリングが楽でテイクオフも早くできるようになるでしょう。フライングフィッシュでサーフィンをマスターする・・・カッコよすぎです。


中級なら

快楽追求モデルならではのパドリングのイージーさ、加速力、速度の持続性等々が優れた21世紀バージョンのモダンフィッシュです。波がいい日って自分が上手くなったような感覚に陥りますが、フライングフィッシュに乗ることによって同じ感覚が得られます。自分の能力を補助し高めてくれる魔法のようなボードです。もし南の島に取り残されサーフボードを一本だけ選べるとしたら、このフライングフィッシュがいいんではないでしょうか。頭のなかを「無」にして波の動きに合わせてラインを選ぶ。無理な動きはせずに波が与えてくれる水の道を辿るだけ。そんなソウルフルなサーフィンが合ってるボードです。このボードもクイバーの一つ加えたい一本ですね。


上級なら

フィッシュのよさを今さら上級者の皆さんに語るつもりはありません。ただ、ジョン・カーパー氏はショートボードレボリューションの時代を実際に経験してきただけでなく、その時代からシェイピングをしていた事実を伝えておきます。そうなんです。ボンザーだってフィッシュだって、あの当時彼はシェイプしていたのです。ですから見よう見まねのフィッシュとはわけがちがいます。フィッシュの定義をしっかり把握し、それに現代版のボトム形状や洗練されたロッカーなどをブレンドした世界最強のフィッシュ・・・それがフライングフィッシュなのです。

詳しく見る>>



■ TRD


trdimage

TRDってこんなボードです



PURE FUN, PURE JOY !!

ビギナーなら

テイクオフできるようになってきて横に走れるようになったら、ぜひともTRDをお試しください。ロングなどに比べますとターンが簡単で、ボトムターン、トップターン、カットバック等を習得するのに最適なチョイスです。幅広なノーズと十分なボリュームがパドリングを助け、楽しく中級を目指せることでしょう。こんなボードで練習したらあっという間に上達しますね。ビギナーの方にチョーオススメのTRDです。


中級なら

このボードの良さを言葉で表現するほど無意味なものはないかもしれません。乗った瞬間に解る・・・PURE FUN、PURE JOY。サーフィンってこんな楽しいものだったの!!ってあらためて思い出させてくれるでしょう。そして、通常のハイパフォーマンスショートとちがって、なんと、まあ、ラクなこと! パドリングのラクさといったらロングみたいです。TRDをクアッドで装備し乗ってみてください。そのスピード感覚はハイパフォーマンスショートでは味わえないフルスピードです。テイクオフ時から横に走っていきますので、テイクオフ時に前が崩れてしまってその先にいけない・・・といった中級サーファーみんなが抱える悩みが解消されます。平らなセクションもスケート感覚ですい~すい~抜いていき、次のセクションへ、また更にその先のセクションへとつないでいきます。 ロングからショートへ転向したい方。最近パドリング力が減退して身体にやさしいボードを探してらっしゃる方。以前サーフィンをしてて、また復活したい方等にも最適です。


上級なら

上級のあなたは常にハイパフォーマンス・ショートに乗っていることでしょうが、たまにはこういうオルタネイティブ系のボードで遊んでみるのも楽しいものです。上級者のあなたが乗っても、その感動は同じです。サーフィンやっててよかったー!って実感させてくれる楽しいボードがTRDです。(ジョン・カーパー氏は、TRDをThirdって発音します。日本語風に言えば、サード) しかも、このボードはけっこうハイパフォーマンス系のボードにも似てる特性を持ってますので、いつもやってる定番のマニューバーも無理なく決まります。エンエイブラーのステロイド版といったとこでしょうか。波の小さい日に気分転換で乗ってもいいですし、ミディアムサイズの日にTRDでレイバック、リバーシ、アーリーウープ・・・なんでもござれです。これでなんとなくイメージはつかめましたか? スランプなときなども、TRDでリハビリするといいようです。PURE FUN. PURE JOY. SURFING ALL THE WAY !!

詳しく見る>>



■ THUG BURGER


thugimage

THUG BURGERってこんなボードです



ビギナーなら

タグバーガーでサーフィンのABCを覚えましょう。サーフィンをはじめるにあたってこのボードを選択したあなたは、まぐれかもしれませんが、正しい選択をしました。タグバーガーにはビギナーのボードに必要な十分な浮力があり、小さな波でも十分テイクオフし横に走っていく能力がそなわってます。タグバーガーを乗りこなせるようになったら、TRDやFR+のようなボードにジャンプアップしていっていいんでは。ビギナーの方でもサーフィンが楽しめるスーパーボード、それがタグバーガーです。


中級なら

このボードを手にしたあなたのサーフィン人生は、その日を境に確実に生まれ変わります。学生だろうと社会人だろうとその影響力は一緒です。先生や上司がもっともなことをレクチャーしてるあいだ、あなたの頭のなかはタグバーガーのことでいっぱい。そして次のタグバーガーとのセッションのことを夢みてデイドリーミング・・・。 コンディションがどうであろうと、タグバーガーがあればEnjoy Surfingできます。パドリング、スピード、反応のよさ、回転性、ドライブ感覚・・・どれも最高水準です。「どうしてもっと早くタグバーガーに乗らなかったんだ」って後悔してる人も続出してます。へたするとこれまで乗っていたハイパフォーマンスショートに戻れない?・・・という重症患者もでてくるかもしれません。とくにスタンダードなハイパフォーマンスショートに疑問を感じていた中級レベルの方には、タグバーガーはその悩みを一気に解消してくれる夢のボードです。It’s that good. Try one and you’ll see what I’m talking about. 少し身体にやさしいボードに乗りたいけど、ロングはちょっと・・・という方にもオススメの1本ですね。


上級なら

特徴的なタグバーガーの張り出したノーズからハイパフォーマンスな動きは想像もつかないとおもいます。ですが、プロレベルの方でも十分満足していただけるハイパフォーマンスショートの動きも可能にしたのがこのタグバーガーです。余分なフォームはこそぎ取ってあり、アウトラインこそオルタネイティブの定番のような形ですが、レールに寝かせてハードなターンが十分できるようになっています。ノースのスモールデイにはバックドアからオフザウォール一帯がスケートパークのようになりますが、そこで一際目立った動きをしていたのがタグバーガーに乗るシェーン・ドリアンでした。シェーンがよくやる360やストレートエアー、オープンフェイスでのガウジ・・・彼のサーフィンの良さが顕著に現れてました。プロのオルタネイティブ・デザイン・・・THUG BURGER

詳しく見る>>



■ ENABLER


enableimage

ENABLERってこんなボードです



凝縮型暴れ馬

ビギナーなら

残念ながらレベル的には中級~のボードです。ですが今流行りのこのショート&ワイドの攻撃的なデザインは、サーファーならどうしても欲しい1本。厚めにカスタムオーダーして、このボードで初心者を脱して中級目指そう!!


中級レベルなら

サーフィンが生まれ変わります。まずこのボードに乗って気付かれるのが、反応のよさでしょう。足の裏にしっくりくるこのボードはあなたの身体の一部となり、あなたの繰り出すマニューバーにこれまではなかったキレを与えてくれます。いつものリッピングをしたつもりがフィンが抜けてテールが回ったとか、いつもローンチする段階で離陸失敗してたエアーがすんなり波から離脱できるようになった・・・といった確実なレベルアップが随所で望めます。コンペにも使える戦闘マシンですので、破壊力は抜群。サーフィンが上達したいなら、あなたのクイバーに必要な1本です。


上級レベルなら

即戦力になる秘密兵器・・・それがエンエイブラーです。胸以下という過酷な状況下においてMAXの加速と最高スピードを達成するために、ロッカー、コンケーブ、フォイルに細心の注意を払って今のデザインになりました。そのスピードを武器に、オープンフェイスでの豪快なカーブや波の上空での飛び技へとつなげます。空へと飛び出すポップ感は、JCサーフボードのラインナップのなかでも特に強い方です。エンエイブラーはデッキがボコボコになるぐらい乗り込んでやってください。そしてワックスはノーズまで塗りましょう。勝つために生まれてきたようなサラブレッド・・・どこまで手なずけられるかはライダーのあなた次第です。


詳しく見る>>



■ T-RX


trximage

TR-Xってこんなボードです



ビギナーなら

残念ながらレベル的には中級~のボードです。ただ、一昔前のポテトチップスボードが極細極薄だったことを考えれば、このボードでビギナーがテイクオフやアップスンをマスターしても全く差し支えないでしょう。ただし、TR-Xはただ横に走るためにデザインされたボードではなく、世界のプロやアマたちが世界中の海で波を切り刻み波の上に飛び出すことを前提にデザインされたボードです。そのために中級~上級というレベル表示になっています。ポルシェで運転を覚えるといったら、若干違和感を感じますが、べつになんの支障もないですよね。ぜひともビギナーの方もこの最新鋭のサーフボードで上を目指してゴーオフしてください。


中級なら

ついにここまできたあなた。TR-Xに乗るということは、あなたのサーフィンが分岐点に到達したということです。いまASPで活躍する20才前後の若手選手たちのサーフィン。難易度ウルトラ級のマニューバーを可能にするのがTR-Xのようなボードです。中級のあなたはまだエアーに飛び出すのがやっとですが、最終的に目指すのはフルローテーション、ロデオフリップ、シャヴィット・・・etc。上手くなりたいとおもうなら、迷わずTR-Xをゲットしましょう。ポップ感はJCサーフボードのなかでも最強・・・優れた空中戦を繰り広げます。


上級なら

トップアマ、もしくはプロ級のあなたは、これまで数多くの板に乗ってきたことでしょう。ただ、イマイチ上達に伸び悩んでいるとしたら、それはサーフボードに原因があるということも考えられます。TR-Xはプロ級のあなたが乗ってはじめてその真価を発揮します。過去に数々の名刀を世に送り出してきたジョン・カーパーがシェイプする最先端のデザインを試してみませんか。あなたなら違いが解るはずです。


詳しく見る>>